【高槻市】「大型」で「猛烈な」台風19号接近中。またしても連休を直撃。高槻市内で開催の各種イベントへの影響は?【追記あり】

9日12時現在、小笠原近海を時速15キロで北西に進んでいる「台風19号」。今後は「大型」で「猛烈」な勢力を維持しながら北上し、12日(土)から13日(日)にかけて西日本から東日本にかなり接近する見込みです。

またしても、行楽シーズンの連休を直撃するとあって、各地行楽地やイベントへお出かけのご予定の方も多いかと思います。
今回の台風19号の情報において、とても気になるのは各メディアで発信される「猛烈な」という聞き慣れない表現です。台風の危険さを判断する、こうしたメディアでの表現の基準は一体どのように決まるのでしょうか。。

台風NASAイメージ

写真はイメージです。

そもそも台風とは、熱帯の海上で発生した熱帯低気圧のうち、最大風速が秒速17.2m以上となったもの」で、気象庁ホームページによると、その台風の「大きさ」と「強さ」の2つを合わせて「大型で強い台風」などと表現されているそうです。その表現と基準は以下の通りです。

台風の「大きさ」は、台風の強風域(秒速15m以上)の半径を基準とされています。
・500km未満→表現しない
・500km以上800km未満→大型(大きい)
・800km以上→超大型(非常に大きい)

台風の「強さ」は、台風の最大風速を基準とされています。
・秒速33m(64ノット)未満→表現しない
・秒速33m(64ノット)以上44m(85ノット)未満→強い
・秒速44m(85ノット)以上54m(105ノット)未満→非常に強い
・秒速54m(105ノット)以上→猛烈な

なるほど。。台風第19号に置き換えてみましょう。気象庁発表によると、9日(水)12時現在「強風域 半径650km」、「最大風速 秒速55m」ですので、「大型で」「猛烈な」台風との表現になりますね。さらに中心気圧は915hPa、最大週間風速は秒速75mという情報も加えると「大変危険な台風」「外に出るのも危険」と言われています。

今週末お出かけのご予定の方は、各行先の最新情報をチェックして、くれぐれも無理のないようお気をつけください。また、高槻市でも今週末12日(土)13日(日)の2日間は安満遺跡公園では今秋最大の目玉イベント「高槻ベジフェス!!」が、13日(日)には「第7回安満遺跡青銅祭」が開催予定 【10月9日追記】安満遺跡公園公式ホームページにて「高槻ベジフェス!!」は両日取り止めと発表がありました。

 

安満遺跡青銅祭は13日(日)ですので、当日の影響は免れる可能性はありますが、前日12日(土)が大切な準備日となるため、実行委員会Facebookでは、「14日(月・祝)に順延」も視野に入れているとしています。今後、注意深く判断されるそうですので、都度最新情報をチェックしてくださいね。【10月10日追記】安満遺跡青銅祭Facebookページにて、「第7回安満遺跡青銅祭」は14日に順延との発表がありました。

そして忘れてはいけないのは、各家庭での防災です。懐中電灯や電池の用意、常温で加熱せずに食べられる数日分の食料など、今のうちにできる備えをしておきましょう。
(momo)

2019/10/09 14:05 2019/10/15 00:51
momo
ジモネタ高槻島本
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集