【高槻市】2日間で利用者数241万人。新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のメリットとは?

2020年6月19日(金)より、新型コロナウイルス感染拡大防止対策の一環として、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の運用が開始されました。新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」(ココア)

本アプリは、スマートフォンのブルートゥース機能を利用して、お互いのプライバシーを確保しながら、新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができる、厚生労働省による公式のスマートフォンアプリです。

電車通勤イメージ

画像はイメージです

利用者のメリットは、感染者と接触の可能性を一早く知ることで、検査の受診などの保健所のサポートを早く受けることができることで、6月21日(日)17時時点でのダウンロード数は約241万件。利用者が増えることでさらに感染拡大の防止につながることが期待されていますよ。

インストールしてみようかなと思われる方は、まずは厚生労働省ホームページをご確認いただき、アプリの概要チラシなどで詳細な内容をご確認くださいね。

《アプリのインストール方法》
App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」で検索してインストールしてください。※公開日から1カ月間は、試行版(プレビュー版)となるため、デザインや機能などが随時更新されます。
2020/06/21 22:40 2020/06/22 10:34
momo
ジモネタ高槻島本
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集